読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ

κυσο βλογ

ジャンパケーブルオスメス問題

なんか作るときにジャンパケーブルが必要になって

  • オスーメスのケーブルが欲しいのにオスーオスしかない
  • オスーオスのケーブルが欲しいのにメスーメスしかない
  • メスが欲しいのにまわりにオスしかいない

などの問題が生じて発狂することがよくあるが、少なくともケーブルの問題を解決するそこそこうまい方法はある。

ケーブルはメスーメスしか買わない

オスーオス、オスーメス、メスーメスの三種類のジャンパケーブルがあるが、メスーメスだけあれば十分である。

バラ売りされているジャンパケーブルは地味に高価なので、無用なケーブルを用意するのは馬鹿げている。

さらに、

digitalparts.net

のようなリボン状のメスーメスケーブルを買えば比較的安く大量の本数を入手できる。割いて使うこともできるので、I2C用に4本だけまとめて切り離して使う、などバラ売りのケーブルより便利である。

オス化

akizukidenshi.com

のような両端が長いピンヘッダを用意しておく。これも1つずつ割いて使えるので、オスが必要な方に挿せばオスになる。メスからオスが生まれるのは生物界と同じである。

まとめ

オスのジャンパケーブルって要らなくね?